個人セッション料金 ご依頼お問合わせ

Menu
http://www.mental-travel.com/modules/mod_image_show_gk4/cache/slid33gk-is-98.pnglink
http://www.mental-travel.com/modules/mod_image_show_gk4/cache/profiletopgk-is-98.jpglink
http://www.mental-travel.com/modules/mod_image_show_gk4/cache/1slidegk-is-98.jpglink

正しく悩む技術セミナー情報

正しく悩む技術セミナーワークショップ

A+ A A-

杉田隆史の正しいネガティブのススメ

悩んでいない人の悩み相談

悩んでいない人の悩み相談私がここで申し上げる、「悩んでいない人」とは、 本当に「悩みのない人」という意味ではありません。

心の病でもないし、生活にそれほど大きな支障をきたしているわけでもないけど、でもツラい、生きづらい そんな風に思っている人のことを指します。

本人はつらいのをガマンして生きているのに、世間からは、「そんなに悩んでいない」と思われてしまう人のことです。(そんな人のことを、以下<悩んでいない人>と表記します)

ではそんな、<悩んでいない人>が、いったいどんな問題を抱えてしまうかというと、「長い間、低空飛行を続けてしまう」ということが起こってきます。

「悩んでいない人の悩み相談」メンタルトラベルの心理セラピーは、小手先の癒しではなく、何よりもクライアントさんの「現実の生活に変化が起きる」ことに注力します。

個人セッションはこちら

自分一人で頑張らないで下さい

杉田隆史

こんにちは。心理セラピストの杉田 隆史です。

日々、セラピーをしていると、クライアントさんから、「スッキリした」とか、「肩の荷がおりた」のような感想をいただきます。そんな声をいただくのは、本当にうれしい限りです。

でも私は、セラピーを受けるということは、もっと現実的なメリットがあると考えます。それは、「心」をケアすることは、「時間とお金の節約になる」ということです。

あのシェクスピアも、「良いも悪いも本人の考え次第」と書いたように、
人は「心」のあり方1つで、毎日が変わってきます。

例えば、「敵」とは、自分の前に「敵」がいるから、「敵」が現われるのではなく、
自分が相手を「敵」だと思うから、「敵」が現われるんです。

自分の周りにあるものは、そのもの自体は何の意味もなく、
それに意味づけをして「何か」にしているのは、自分なんですね。
ということは、自分の「心」が変われば、自分の周りも変わるということなんですね。

ところが人は、自分の「心」をケアすることに、時間とお金を費やしません。
なぜなら、「心」は目に見えないものだから。
すると人は、目に見える、目先のことに時間やお金を費やして、
満たされない「心のスキマ」を埋めようとします。

例えば、「やりたいことがない」なんて言って、何度も転職を繰り返してしまったり,
何もやっていない自分に不安になって、興味もない資格試験の勉強をすることで、
「やっているフリ」をしたり、

そんな風に、自分の本当の「心」を見ないことで、
人はどれだけ時間とお金をムダにしてしまうのでしょうか。
いくら小手先のことをしても、根っこが変わらないと、何も変わっていかないのに・・・。

悩んでいる時こそ、小手先のことをしてあがくよりも、
「心」の深い部分をケアすることが、生活を変える一番の近道になります。
幸せかどうかを決めるのは、結局、あなたの「心」なんですから。

そんな私も実はほんの数年前まで、とても生きづらい人生をおくっていました。

仕事を辞め続け、すっかり自信をなくして、酒ばかり飲んで、
1年4ヶ月も何もしないで家に引きこもっていたこともあります。
20年間、空回りし続ける日々でした。

そんな私も、専門家の力を借りて、はじめて自分の「心」をケアしたことで、
元気になることができました。そして想ったのは、

「もっと早く人の手を借りていたら、
20年間も生きずらい時間を過ごすことはなかったのはでないか?」という想いです。

人の手を借りず、1人でなんとかしようとガンバリ過ぎたせいで、
かえって時間やお金をムダにしてしまったのではないかと。

人は、「1人ではできないけど、2人だとできること」はたくさんあります。
約束がないと、寝坊してダラダラと過ごしてしまう休日も、
誰かと約束していると、早起きして、1日活動できる。ここに大きなヒントがあります。

人は、自分のことに興味を持って、「観てくれる人」が必要です。
誰かに観られていると、1人ではできないことも、できるようになります。

心理セラピストは、あなたを「観る人」になります。
どうかそんなにいつまでも、自分1人でがんばらないでください。

人は、たった1人でも、自分を「観てくれる人」がいれば、
ほんの小さなキッカケで変わっていくことができるのですから。

   pro se1 blog

個人セッションのお申込みはこちら