雑誌「BIG tomorrow 」に杉田が出ています

メディア出演

「BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)」というビジネス雑誌を

ご存知のあなたも
ご存知ないあなたも

こんにちは。

ずっと無洗米を洗っていたことに気が付き杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

ご報告です。
雑誌に掲載されました。

昨日、1月25日(金)発売、「BIG tomorrow」3月号の

「弱点を活かせば仕事はもっとうまくいく!」

という特集に、1/2ページの小さな記事ですが、私、杉田がこっそり載っています。

↑ やっぱり髪型失敗したかなぁ・・・アッ!(笑)

いや、なんといいますか、私、ご存知の通り、まともに会社に勤めができなかった人間じゃないですか。(笑)

そんな私がビジネス雑誌に載るなんて、なんかすごく不思議な感じがするんですよね。

ということで、今回のブログなんですが、「ビジネス雑誌掲載記念!」(笑)ということで、いつもよりちょっとビジネスっぽいお話をしようと思います。

というのは、最近私のまわりで、

漫画家になりたいとか、
カメラマンになりたいとか、
カウンセラー/セラピストになりたいとか、
なにかクリエイティブな仕事したいとか、

「フリーでやっていきたいけど、迷っています」みたいなご相談をいただくことが多いので、そんな方のお役に立てばと思って、以前配信したメルマガの内容をリライトしてお届けしますね。

えー、さてさて、

「○○の仕事をフリーでやっていきたいけど、やろうか、やるまいか迷っています」

みたいなご相談を受けた時、私はいつもこうお答えしてるんですよ。

「それはあなたが決められないですよ」って。

「エッ?」と思われるかもしれませんが、私がそうお答えする理由を、まずは小話でご説明しますね。

では、あなたの家の近くに、新しいラーメン屋ができたとしましょう。

あなたがそこに食べに行ったら、値段は高いし、接客態度も悪いし、味も全然おいしくなかったとします。

そして、そのラーメン屋は半年後つぶれました。

そんな時、あなたはどう思いますか?

「あぁ、やっぱりな」と思うのではないでしょうか。

この小話から何をお伝えしたいのかというと、

「社会は正直だ」

ということです。

多くの人から「値段が高い」、「接客態度が悪い」、「味もおいしくない」、「そもそも、その店に行きたいと思わない」なんて思われたら、

その店が繁盛することは、まずないと思うんですね。

こういう時、社会はウソをつかない。

このラーメン屋の主人が、

どんなにヤル気があろうと、
どんなに才能があろうと、
どんなに営業やマーケティングを努力しようと、
どんなに大声で「オレはラーメン屋だ!」と叫ぼうと、

多くの人から「この店はダメだ」と思われたら、その主人は、「ラーメン屋」ではいられなくなってしまうということなんですよ。

つまり、ある意味、その主人を「ラーメン屋」にするのは、「本人」ではなく、「社会」なんですよね。

だから、いくら本人が、そのフリーの仕事の「やる、やらない」を悩んだところで、最終的にはそれをやらせれもらえるかは、「自分が決められない」んですよ。

「社会が決める」んです。

そういう意味においては、私は、

「私がセラピストになった」

というよりは、

「社会が私をセラピストにした」

と思っているんですよ。

となると、

「フリーでやっていきたいけど、迷っている人」ができることは、だた1つなんですよ。それは、

「看板を掲げる」

ただこれだけなんですね。

名刺作ってもいいし、
「○○やってます!」ってブログ書いてもいいし、
ホームページ作ってもいいし、
事務所に看板を掲げてもいいし。

この「看板を掲げる」ということの意味は、「私を○○としてやらせてくれますか?」って「社会」に問いかけることだと思うんですよ。

なので、「フリーでやっていきたいけど、迷っている人」が本当の意味で悩めることは、

「やるか、やらないか」ではなく、
「どうやって看板を掲げるか」なんですよね。

ということで、「フリーでやっていきたいけど、迷っています」という方に私がお伝えしたいのは、

「あなたが「やる、やらない」を決められないのに、なんであなたが迷っているんですか?
それを「社会」に問いかけて(看板を掲げて)、その答えを「社会」に決めてもらったらどうですか?」

ってことでしたとさ。

エッ、「それって結局、お前が得意の「YOU やっちゃいなよ!」って話でしょ?」
ですって?

キャー!バレてる!(笑)

でもまぁ、そういうことになるわけですよね。(笑)

私、この「YOU やっちゃいなよ!」って言葉、ホント、大スキなんですよ。(笑)

自分がどうしようか悩んでいる時でも、「YOU やっちゃいなよ!」って言われると、

そのあまりの軽さに、ポカーンとなり、一瞬頭の中に「カリフォルニアの青い空」がよぎって、

「ME やっちゃう?」

みたいな気分になっちゃうんですよね。(笑)

ということで、最後にまとめの一言。

「○○の仕事をフリーでやっていきたいけど、迷っています」
と悩んでいるあなた、

あなたがどんなに能力があろうと、なかろうと、
あなたがどんなに自信があろうと、なかろうと、
あなたがどんなにヤル気があろうと、なかろうと、

あなたが「フリーでやっていく!」と決めたところで、まだやらせてもらえるか、わかりませんからねー!

それなのに、まだその手前で悩むんですか?

YOU やっちゃいなよ!(笑)

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(8/1)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(8/20)受付中⬇

 

メディア出演
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました