「悩んでいない人の悩み相談」とは?

悩んでいない人の悩み相談とは?

名刺を渡すことが

あるあなたも
ないあなたも

こんにちは。
心理セラピストの杉田隆史です。

1週間お疲れさまでした!

 

えーと、私は時々名刺を渡すことがあるんですけど、私の名刺を見るとほとんどの方は固まっちゃうんですよ。

「悩んでいない人の悩み相談・・・?」

ここでその本当の意味をお話したいと思います。

 

「悩んでいない人の悩み相談」とは?

私がここで言う、「悩んでいない人」とは、「悩みが全くない人」という意味ではありません。「心の病気」ではないけど、なんとかギリギリ生活している人のことを指します。

本人はつらいのをガマンして生きているのに、もしかすると、まわりからは、そんなに悩んでいるようには見えないかもしれません。そのような人がここで言う、「悩んでいない人」です。

では、そんな「悩んでいない人」は、どんな問題を抱えてしまうのでしょうか。

それは、「長い間、低空飛行を続けてしまう」ということです。

これは、私自身の経験なのですが、私は高校生の頃から、ずっと「生きづらい」と思っていましたが、心の病と診断されたわけではありませんし、社会人になって引きこもる前までは、なんとか社会生活もおくれていました。

もちろん、私自身は、ツラかったのですが、「この程度の悩みでは、相談するほどでもないだろう」とか、「カウンセリングを受けるなんて、自分が病気になったような気がしてヤダ」なんて思っていて、専門家の助けを借りるという発想がありませんでした。

その結果がどうだったかといえば、自分ひとりであがくだけで、何も突破口が見出せぬまま、20年間、ずっと生きづらい時間を過ごしてしまいました。「悩みが軽いがゆえに、相談するチャンスを失い、かえって悩みが長引く」という、なんとも皮肉なことが起こっていたわけです。

だから私は、心の病の方だけでなく、このように、「この程度の悩みなら」とツライのをガマンして相談に行かない人、つまり、「悩んでいない人」にもサポートが必要だと思うに至りました。

 

「悩んでいない人」は、あなただけではありません

そして私は、自分の想いを実現すべく、2007年、「悩んでいない人の悩み相談」という看板を掲げて、細々と心理セラピストの仕事をスタートしたのですが、多くの方に共感いただき、今では、日本全国だけでなく海外からも、

・なんだか生きづらい
・ずっと人生が低空飛行
・自信がない
・何がしたいかわからない
・うまく話せない
・ずっと「良い子」「良い人」だった

など、「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」という方にお越しいただくようになりました。そして、「悩んでいない人の悩み相談」の広がりともに、私自身もラジオに出演したり、雑誌に取り上げられたり、出版したり、本が外国語に翻訳されたりしました。気がつけば、この仕事を15年続けていて、4500人以上の方とお会いしていました。

 

人生が低空飛行していませんか?

渡り鳥は、次の陸地を目指す時、最初に一気に空高く上昇すれば、後は羽を広げるだけで、風の流れに乗って移動できるそうです。でも、もし最初に一気に空高く上昇せず、低空飛行してしまうと、海面近くは風の抵抗が強くて、次の陸地に着く前に力尽きてしまうんだそうです。

私は、「悩んでいない人」は、この渡り鳥と同じだと思います。「悩んでいない人」は、低空飛行だから、いつも強い風の抵抗を受け続けているんです。本来なら力尽きる前に、今スグにでも高度を上げなくちゃいけない。でも、「悩んでいない人」自身が、「この程度の悩みなら」と思って、人の助けを借りようとしません。

なので、私が、「悩んでいない人の悩み相談」という看板を掲げているのは、「悩んでいない人自身」に気づいていただきたいからです。「小さな悩みと思っても、あなたがツライと思うなら、相談しに行ってもイイんですよ」って。

「悩んでいない人」が、もっと気軽に人に助け求めることができれば、

・もっと早い段階で、楽に楽しく生きられるかもしれない。
・生活に支障きたす前に、なんとかなるかもしれない。
・人生何年も遠回りすることも、ないかもしれない。

「悩んでいない人の悩み相談」という看板には、私のそんな想いが込められています。

 

自分一人でガンバらないで下さい。

たった一人でも、あなたを「見てくれる人」がいれば、ほんの小さなきっかけで、あなたは変わることができます。

約束がないと、寝坊してダラダラと過ごしてしまう休日も、誰かと約束していると、早起きして、1日活動できたりしませんか。人は、「1人ではできないけど、2人だとできること」がたくさんあります。

人は、自分のことに興味を持って、「見てくれる人」が必要です。
誰かに見られていると、1人ではできないことも、できるようになります。

心理セラピストは、あなたを「見る人」になります。
人は、たった1人でも、自分を「見てくれる人」がいれば、ほんの小さなキッカケで変わることができます。

自分の後ろ髪は、自分でカットするのは大変です。「髪」を美容院に行ってお願いするのと同じように、「悩み」も、自分だけでガンバラずに、人にサポートをお願いしてみてはいかがでしょうか?

それでは、あなたにお会いできる日を楽しみにしております!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(10/2)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(10/22)受付中⬇

 

悩んでいない人の悩み相談とは?
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました