暇だから悩む

ココロのコラム(雑記)

「暇だから悩むんだよ」って言われたことが

あるあなたも
ないあなたも

こんにちは。

ずっと「鮭亭(さけてい)」の「イクラさん」だと思い杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

あ、どうでしょう、みなさんは、人から、

「暇だから悩むんだよ」

って言われたことってありますか?

私は人生で何度かあります。(笑) で、そういうこと言う人に対して、「なんて雑な意見!」っていつも思っていたんですよね。

でもここ数年、「んー、でもたしかに「暇だから悩む」ってあるよな」って思えてきたんです。

というのは、暇になると、人は自分自身についてあれこれ思いを巡らすというか、「内部対話」するじゃないですか。

で、この内部対話って、ちょっとやっかいで、「適量」ってあるんですよ。少なすぎても、多すぎてもツラくなる。

たとえば、いつも忙しい人とかは内部対話が少なくなるから、時々カフェとかでノートを広げてあれこれ考えごとをしたくなったりするわけですよね。そうしないと自分を取り戻せない感じになって、なんかツラくなる。

でも一方、内部対話が多くなりすぎてもツラくなるというか、人は「お腹が減ったら食べる」とか、「疲れたら休む」とか、元々足りないものを満たすようにして生きていますから、

内部対話が多くなりすぎると、どんどん「自分の足りないところ」に意識が向くようになるんですよ。

そうなると「暇な人」って内部対話が多くなりますから、自分の足りないところばかりにどんどん意識が向くようになって、「だから自分はダメなんだ!」みたいになってツラくなるんですよね。「引きこもっている人」がツラくなるのは、まさにそんな感じなわけで。

ね、これだけでも、「暇だから悩む」ってことがわかるでしょ?

あ、それにさらに付け加えると、暇だとちゃんとした生活をするのが難しくなるじゃないですか。人は、自由に使える時間が少ないと大切に使うけど、暇だと時間の使い方が雑になりますよね。いろいろなことを後回しにして生活がダラダラしたり。

で、そうやってちゃんとした生活ができなくなると、「なんで自分はこんなにやろうと思っていることができないんだ!」とかって自分を責めたくなるわけですよ。

と、そんな感じで、「暇」って、人が悩む要素満載なんですよね。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、今回の話から何をお伝えしたいかというと、

「暇に対して自分の弱さ・ダメさを認めている人のほうがうまくいくんじゃない?」

ってことなんです。

これどういうことかというと、よく「定年後はあれして、これして・・・」とか語ってる人って、実際は定年になってもやらない人が多いって話よく聞くじゃないですか。

そういう人って、心の奥では「自分は定年後も、仕事していた時のように自分をコントロールして、ちゃんとやっていける人間なんだ」みたいに思ってるのではないでしょうか。

でも私はそういう人より、

「結局、自分は仕事しかない人間だから、定年後は暇すぎてダラダラしちゃうんだろうな」

とか、暇に対して自分の弱さ・ダメさを認めちゃっている人のほうが、むしろ定年後ちゃんと生活できるんじゃないかって思うんです。「自分をわかっている」というか、「現実的」というか。

あ、そうそう、これ義父の話なんですけど、義父は銀行員として定年まで勤め上げたんですけど、定年後すぐにスーパーで週3日バイト始めたんですよ。お金に困ってるわけじゃないのに。

私、この話を聞いた時、すごく感銘を受けたんですよ。ふつうずっと銀行員やってきた人だったら、めんどくさいプライドがあって、バイトとかしずらいと思ったし、働くにしても仕事を選り好みしたりするのかと思ったのに、義父ぜんぜんそんなこと気にもせず飄々としてるんですよね。

きっと義父は「そんな毎日 暇になるとダレちゃう」って自分のことをわかっているんでしょうね。だから暇すぎない生活をすることで、生活の質を上げてるんだなって。

それにバイトすれば定年後も社会ともつながれるし、「毎日が日曜日」にならないから、「明日 仕事休みだ!」っていう最高の喜び(笑)も味わえて生活にメリハリがつきますよね。

こういうのが、「(暇に対して)自分の弱さ・ダメさを認めている人のほうがうまくいくんじゃない?」ってことなんです。暇を適度な量に調整するというか。

あ、もちろんこの話、「全ての人は暇になると悩む」とか言いたいわけじゃなくて、暇でも大丈夫な人はもちろんいると思うんですけど、多くの人にとって暇って意外と抗いづらくて、悩まされるものだと思うんですよね。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、ちょっと話題が変わりますけど、私、個人セッション(心理セラピー)をしていると、

配偶者は働いているけど、自分は子育てもしてないし働いてないとか、
引きこもってるとか、

時間に余裕がある(ありすぎる?)生活をしている方から、

「毎日ダラダラしてしまう。そんな自分を責めてしまう」

みたいな相談をいただくことってよくあるんですけど、

そういう方たちって「毎日ダラダラしてしまう」という悩みをなんとかしようとすると、自分の「精神力で」生活を立て直そうとするんですよ。

でも私は、

「それだけ暇だとちゃんとした生活するの大変だって!そういう時は、精神力で生活を立て直すとかじゃなくて、無理やりバイトするとか、習い事するとか、外圧を利用して暇を減らして、生活を立て直すほうが楽なんじゃない?」

って思うことが多々あるんです。そんな人間って、いつも自分コントロールできるほど強くないんですよ。そういう部分も認めないとねって。

 

さ、ということで、最後にまとめますと、

「暇」って、人が悩む要素満載だから、「暇だから悩んでいる」ってことってありますよ。

だから悩みによっては、精神力でどうこうとかじゃなくて、単に暇を減らすだけで解決することってもありますよ。

てな話でしたとさ。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました