井の中の蛙のススメ

自信がない

毎日運動を

しているあなたも
していないあなたも

こんにちは。

ジムに事務的な顔して行き杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

どうでしょう、みなさんは、日頃運動していますか?

私は、ウォーキングと水泳をしているんですけど、先日、朝にいつも通りウォーキングをしていたら、スーツ着て、革靴を履いたサラリーマンに、平然と抜かされたんですよ。(笑)

こっちは運動着を着て、スニーカー履いて、全力で歩いているのもかかわらず。(笑)

そんな時、フと思ったんです。

「あっ、「井の中の蛙」って悪くないな」って・・・。

あっ、ちょっと話の意味がわからないと思いますので、ここから先、その意味をご説明しますね。

え~と、水泳のことなんですけど、私、ジムのプールに行くのは、だいたい朝で、その時間て、ご年配の方しかいないんですね。

となると、そこで泳ぐと、否が応でも私が一番速いんですよ。その中ではダントツ若いから。(笑)

でも、毎日ジムに行っていると、そんな環境の中で泳いでいることすら忘れてしまって、だんだん「自分が本当に速く泳げている」ような気がしてきて、

知らず知らずのうちに、「イイ気分」になってしまうんですよね。(笑)

ハイ、こんな私のことを、「井の中の蛙」って言えるかもしれません。

でも、自分が「イイ気分」で泳げるのって、イイことだと思いませんか?

私、別に、「速く泳ごう」とか、「キレイに泳ごう」とか、全然思っていないんですよ。

自分のペースで1キロ泳いで、それができればOKみたいな。

だから、「井の中の蛙」じゃない自分になって、「自分より速い人が世の中にウヨウヨいる」なんてことがわかっても(実際はもちろん知っていますけど)、ちっとも楽しくないわけですよ。(笑)

なので、ウォーキングで、サラリーマンに抜かされた時、なんか、「アレ?」って感じだったんですね。

自分では、全力で速く歩いていたつもりだったんで。(笑)

だったら、その日、サラリーマンに会わなかったほうが、その後も私は、「イイ気分」で歩けたんじゃないかなぁって。

 

スポンサーリンク

 

で、こういうことって、普段の生活でもあると思うんです。

たとえば、Aさんという人が、「私は太っている」と思って生きているのと、

Aさんと同じ身長だけど体重は重いBさんが、「私は普通だ」と思って生きているのと、

どちらが幸せなんだろうか?

とか、

そういえば、昔、私が英会話スクールのカウンセラーをしてた時も、

旅行中に片言の英語で通じた経験のある人が、「私、英語、話せます!」なんて言って、楽しそうに勉強していたのに、

外資系に勤めていて、もっともっと英語がうまい人が、「英語全然ダメです」なんて言って、ツラそうにしていたり、

どっちが幸せかわからないですよね。(笑)

そう思うと、「井の中の蛙」って、意外に幸せなことなんじゃないかな、なんて思ったんですよ。

そりゃ、スキルアップが目的なら、「井の中の蛙」になってはいけないのですよね。

でもそうじゃないから、大いに、「井の中の蛙」になって、「私、意外とイケてない?」と思って、人生楽しく過ごしたほうがいいのかもなぁ、

なんて思った、初冬のある朝、ウォーキング中に考えた私でしたとさ。

さ、今週も、おじいさん、おばあさんと一緒に泳ぎに行くか!(笑)

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

 

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(10/2)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(10/22)受付中⬇

 

自信がない
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました