自分の世界を持つと怖くない

自信がない

人からダメ出しされるとか、怒られるのが、

怖いあなたも
あまり怖くないあなたも

こんにちは。

せっかく買った仕事用の1人掛けソファーを、妻から「田舎のお金持ちがタタミの上に置いてるソファーみたい」と、これ以上ない表現でセンスの悪さを指摘され杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

あ、みなさんは、どうでしょう?
人からダメ出しされるとか、怒られるって怖いですか?

まぁ、「ぜんぜん怖くありませーん!」なんて方は、このブログ読んでないですよね。(笑)

ということで今回は、そんなふうに人からダメ出しされたり、怒られるのが怖い方のために、ちょっと参考になるお話をシェアしたいと思うんですけど、

先日、私が開催している「Café LOSER」というお茶会の中で、ある方(仮に「Aさん」)が、

「人から怒られても大丈夫な人と、そうでない人との違い」

についてお話してくださったんですね。

で、その内容が、私が今まで気づかなかった視点でハッとしたので、今回はAさんに許可をいただいて、その話をシェアさせていただこうと思うんですけど、

このAさん、外国の人に、美術を教えているそうなんですよ。
つまり、生徒を指導する立場なわけですよね。

で、Aさん、

「外国の人は、怒られても、あっけらかんとして、落ち込まない人が多い。その点は、日本人と違うなと思う」

なんて言われてたんですよ。

でもそんな外国の人でも、怒られることにビクビクしている人や、落ち込む人も、少しはいるそうなんですけど、

Aさん、そういう人たちを観察してたら、ある共通のことが見えてきたそうなんです。

それは、

「怒られることにビクビクしている人は、作品に「自分の世界」がない。自分の作品の評価を、相手の評価に寄せている」

っていうことだったんですって。

要は、「自分の世界」を持っている人は、先生から自分の作品のこといろいろ言われても、「必要なら参考にするか」くらいのノリだけど、

自分の世界がない人は、「先生から言われた通りにしないと自分はダメなんだ!」みたいに思ってしまうから、過剰にビクビクしたり、落ち込んだりするそうなんですよ。

 

で、私、この話をお聞きした時、いろいろ腑に落ちたというか、

フと思い出したのは、私が会社員だった頃のことで、当時の私は、バリバリ人から怒られるが怖かった人間だったにもかかわらず、怒られても、怖くなかったことがあったのを思い出したんです。

あ、ほら、仕事していると、時々、現場のことをぜんぜん知らない お偉いさんとか、社長の奥さんとかが来て、ガミガミ怒り出したりすることあるじゃないですか。(笑)

なぜか私、そういうお偉いさんに怒られた時って、あまり怖くなかったなって。

これって、お偉いさんに対して、

「急に出てきて、何バカな指示してるんだ!(この仕事は)こうしたほうがいいに決まってるだろ!」

って、美術の作品の話とはちょっと違うけど、私の中に「(この仕事は)こうしたほうが良い」という「自分の意見(世界)があった」から、怖くなかったんだなって。

なので、「自分の世界を持っていると、怒られても怖くない」って、ホントそうだなって思ったんですね。

 

スポンサーリンク

 

あ、それから、私、個人セッション(心理セラピー)でも、「人からダメ出しされたり、怒られるのが怖い」という悩みを扱うことはあるんですけど、

そういう方って、このブログの「弱がり」っていう過去記事に当てはまる方が多いんですよ。

(「弱がり」という記事を読んでいない方はコチラからどうぞ)

弱がり
ガンバルことが できるあなたも あまりできないあなたも こんにちは。 持ち帰りの寿司をたくさん運びながら雨に濡れ杉田です。 1週間お疲れさまでした! こういうメンタルを扱ったブログを読...

 

で、この「弱がり」に当てはまる方って、セラピーの中で、

「自分がない」
「自分が空っぽ」
「自分がわからない」

みたいなことを言われる方が多いので、

それってまさに、「自分の世界を持っていない」ってことですから、怒られるのが怖くなるのも仕方ないんだなって思ったんですね。

あ、そうそう、ちょっと今回の記事の内容からズレますけど、「自分が空っぽ」ってことに関して、先日こんなマンガを見ましたよ。

 

 

いやぁ、これまたシュールなマンガだなぁ(笑)なんでホットドッグ入れる?(笑)
でも、「偽っちゃダメよ われわれはここから始めるんだ」という言葉に、ちょっとグッときちゃったり。(笑)

確かに私のクライアントさんを拝見していると、自分が空っぽなことを認めて、そこからスタートした方が元気になっているんですよね。

 

スポンサーリンク

 

あ、話がいろいろな方向にいってしまって、ぜんぜんまとまっていませんが、最後にまとめますと、

人からダメ出しされたり、怒られるのが怖い人って、一番カンタンに言ってしまえば、「自信がない人」ってことになるんでしょうけど、

「自信」っていう言葉って、使われすぎて意味が失われているような気がしませんか?
なので、「自信を持つにはどうしたらいいだろう?」って考えてもよくわからなくなる。

でも、「自信を持つ」の代わりに、「自分の世界を持つ」って言い換えると、なんだか必要なものが見えてくるというか、

「自分の世界を持つ」って、「正しい・正しくない」とか、「合ってる・間違ってる」とかの話ではなく、

「自分はこういうのがイイ・イヤ」
「自分はこういうのがスキ・キライ」

っていう「好み」を持てばいいってことなんですね。

「自信」は持てるかわからないけど、「好み」なら持てそうな気がしません?

あ、なので、私、妻からのソファーのダメ出しにも、落ち込んでません(笑)

だって、あのソファー、私の「好み」ですから!(笑)

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(8/1)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(8/20)受付中⬇

 

自信がない
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました