やりたい仕事を続けるか、やめるか、迷っているあなたへの質問

自信がない

サンドイッチマンが、

スキなあなたも
スキでないあなたも

こんにちは。

「デルコデってどこ?」って聞いたら「デコルテでしょ?」で言われてハズカシくなり杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

あ、お笑いコンビのサンドイッチマンって、みなさん、ご存知だと思うんですけど、私、彼らのコント、大スキなんですよ。

一見、反社会的な感じに見える伊達ちゃんのほうが常識人で、一見ふつうに見える富澤さんのほうが、失礼な人を通り越して、狂気の人(笑)になっていくコント、いつ見ても笑っちゃうんですよね。(笑)

あのファミレスのアルバイトの「Kill you!」には笑ったなぁ。(笑)

あ、で、私、ちょっと前に、このサンドイッチマンが出演していた、NHKの「ザ・プロフェッショナル」を観たんですけど、

その中で、彼らが10年間売れてなかった時のことを話していて、

「(そんな中でも)自分らがやってる漫才は面白いって思っていた」

って言ってたんですね。

それを聞いて、私、

「あぁ、サンドイッチマンは、売れない時でも自分たちを信じてたんだな。
オレはセラピストとして売れてなかった時、ぜんぜん自分を信じてなかったけどなぁ」

って思ったんですけど、フと、

「いや、待てよ。オレも信じてたかも!」

って思ったんです。

これ、どういうことかというと、私、心理セラピストの仕事を始めて3年くらいはぜんぜん売れてなくて、月に1本くらいしかセラピーの予約が入らなかったんですよ。

なので、「この調子じゃ、セラピストとして売れるなんて、とうてい無理だな」って思ってたんですね。

だから、私、このブログの過去記事の中でも、「売れていない頃は、とてもじゃないけど自分を信じてなんかいなかった」みたいなことは度々書いていたと思うんですけど、

このサンドイッチマンの言葉を聞いた時、当時の自分のことが思い出されて、

「いや待てよ、オレ、「売れる」ということに対しては、ぜんぜん自信はなかったけど、
自分が「発信してること」や「やっていること」は、自分でもイイと思ってたわ!」

って思ったんです。

私がそう思えたのは、売れてない頃、セラピーの予約は月1しかなかったけど、クライアントさん、けっこう遠くから渋谷に来てくださってたんですよ。九州とか、東北とか、関西とか。

なので、心の奥で、

「こんな遠くからセラピーを受けに来てくれる人がいるということは、自分じゃないと出せないナニかがあるのかな。やっぱり「悩んでいない人の悩み相談」は、世の中に必要なんだな」

って、かすかな手応えを感じていたんですね。

なのでサンドイッチマンの言葉を聞いて、「自信がない」と思っていた頃の自分が、こっそり自信を持っていたことを思い出して、過去の自分のイメージが覆ったような気がしたんですよ。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、この話から何をお伝えしたいかというと、私、個人セッション(心理セラピー)の中で、

「やりたい仕事をやっているけど、売れてない」という方から、

「これからも、やりたい仕事を続けるか、やめるか、迷っている」

みたいなご相談を受けることって多いんですね。

で、もしあなたがその悩みに答えを出したいなら、

「自分がやっていることを、自分でイイと思っているか?」

って質問を考えるみると良いと思います。

この質問、当たり前すぎる質問に聞こえるかもしれませんが、わりと決め手になる質問というか、

実際、相談を来られた方を拝見していると、やっぱり自分がやっていることを、自分でイイと思ってない方って、やりたい仕事をやめることが多いんですね。

なぜそうなるのかというと、「会社でやってることと同じになっちゃうから」なんですよ。

そもそも、そういう方が、自分で「やりたい仕事」をするようになったキッカケって、

勤めている会社で、

「ぜんぜん興味のない商品を扱っている」
「自分でイイと思えないサービスを売っている」
「自分のやっていることに興味がない」
「お客さんのこと考えてない会社の方針がイヤだ」

みたいなことをしていて、「こんなことしてるのイヤだ!よし、やりたいことやろう!」って思って自分の「やりたい仕事」を始めているのに、

その「やりたい仕事」の中でも、自分がイイと思っていないモノを提供してしまったら、会社でやってることと同じになっちゃうわけですよね。

人一倍「やりたい」という気持ちにコダワリのある方なのに、そうなっちゃったらツライわけで。だからやめてしまう。

私も、もし売れてない頃、

「自分は、他のセラピストと同じようなことやってるなぁ。クライアントさんから、「杉田さんだから」ってことで選ばれてないなぁ。サービスを胸張って紹介できないなぁ」

みたいに、自分がやっていることを、自分でイイと思っていなかったら、セラピストを続けるのをやめていたと思うんです。

エッ、「自分がやっていることを、自分でイイと思っていない自分が残念」ですって?

そ、そう思っちゃう方もいらっしゃいると思うんですね。

もしあなた、そうであっても、これから成長していく意欲があるなら、

「今から自分でイイと思えるものを作れば良い」

わけですよ。

なので、「自分がやっていることを、自分でイイと思っているか?」って質問って、「自分が何をすればいいか」も見えてくるんですよね。

私も、そういう方が、イイと思えるモノを作るお手伝いをやっていますし。

あなたを世に出す会議
自分で仕事を やっているあなたも やっていないあなたも これからやりたいあなたも こんにちは。 風呂場の天井から冷たいしずくがたくさん落ちてきてヒャーヒャーなり杉田です。 1週間お疲れさまでした! ...

 

スポンサーリンク

 

さ、ということで、最後にまとめますと、

「やりたい仕事をやっているけど、売れてない」というあなたが、

「これからも、やりたい仕事を続けるか、やめるか、迷っている」って時、その答えを出したいなら、まずは、

「自分がやっていることを、自分でイイと思っているか?」

って質問を考えてみる良いですよー

てな話でしたとさ。

あ、「これからも、やりたい仕事を続けるか、迷っている」けど、本当は答えを出したくないという方の話はコチラからどうぞ。

なろうとしない人
自分の「なりたいもの」が あるあなたも ないあなたも こんにちは。 水中メガネに「曇り止め」をタップリ塗ったらよけいに前が見えなくなり杉田です。 1週間お疲れさまでした! えーと、セラ...

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(8/1)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(8/20)受付中⬇

 

自信がない
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました