自分の話ばかりする人

人間関係がうまくいかない

自分の話を

たくさんするあなたも
あまりしないあなたも

こんにちは。

誕生日ケーキのプレートの言葉を予約の時ケーキ屋さんで言うのが恥ずかしいので、ネットで注文したら、当日「こちらのケーキでございますね?」と並んでいる人たちの前でケーキをジャーン!って見せられて、ハズカシ杉てケーキを直視できな杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

あ、みなさん、どうでしょう? 人と話をする時、トータルすると「話す」割合が多いですか? それとも「聞く」割合のほうが多いですか?

これ、「話す「聞く」どちらかが多いという方も、両方が同じくらいという方もいらっしゃると思うんですけど、先日、友人が、

「自分の話ばっかりする人っているよね。こっちがなにか話しても、いかにも「興味がない」みたいな感じで聞き流して、自分のこと語り続ける人」

なんて話をしてきたんですよ。で、みんなで「いるいる、そういう人!この前・・・」なんて話で盛り上がったんですね。(笑)

あなたのまわりにも、そういう人いませんか?

きっと思い浮かぶ人いますよね。(笑)

 

さ、ということで今回の記事は、「自分の話ばかりする人」についてお話したいと思うんですけど、

私「自分の話ばかりする人」にもいろいろなタイプがあると思っていて、たとえば、

「趣味とか自分のスキなことの話になると、話が止まらなくなっちゃう人」

っていますよね。こっちが興味なさそうにしても関係なく(笑)、夢中で話し続ける人。

私、個人的には、そういうタイプならカワイイもんだと思うんですよ。(笑)

でもそういうタイプとはちょっと質が違う「自分の話ばかりする人」もいるというか、で、ここからはそういう人の話をしたいと思うんですけど、

あ、ちょっと話が飛びますが、私、ワークショップを主催する時、参加者のみなさんに自己紹介をお願いすることがあるんですね。

で、そういう時って、私は「どうぞ話したいことを自由にお話しくださいね」とか言うわけですけど、私のクライアントさんの場合、モジモジしつつも、イイ感じで自己開示してくださって、ワークショップ全体が温かい雰囲気に包まれるんですよ。

でも知り合いから聞いた話で、あるワークショップで、参加者が10人以上いて、2時間のワークショップだったのに、1人で「1時間も」自己紹介した人がいたんですって。(笑) で、会場がかなり気まずい雰囲気になったんだとか。

たぶんそういう時って、きっと主催者は私みたいに「どうぞ話したいことを自由にお話しくださいね」みたいに立場上言ったと思うんですけど、さすがに1時間も自己紹介されたらツライですよね。人の家の夕食に招待されて、いくら「好きなだけおかわりしていいですよ」って言われたからって、ご飯10杯おかわりして他の人の分まで食べちゃいけないように。(笑)

あ、で、私が思うのは、そういう感じの「自分のことを話すのが止まらなくなる人」って、1つの言い方としては「空気が読めない人」ってことになると思うんですけど、それにもう少し言葉をプラスすると、

「自己愛が強すぎる人」

なんだと思うんです。

要は「本人が自分自身に関心がありすぎる」から、「他人も自分に関心を持ってくれている」って勘違いしやすいんですよ。だから他人からのちょっとした関心とか社交辞令さえも、「私に興味あるんだ!」って解釈してしまって、自分のこと話すのが止まらなくなる。

あ、そんな例をご紹介しますと、

仮にあなたが親友の結婚式の2次会に参加したとして、たまたまその結婚した親友のお兄さんが近くにいたので、「はじめまして。私は○○さんの高校時代の友人です。○○さん、ご結婚おめでとうございます」と言ったら、2次会の間、ずっとそのお兄さんにつかまって話を聞かされた。

そんなのと似たような経験ってありませんか?(笑)

そういう時、あなたは、親友のお兄さんそのものに関心があるわけではなく、「親友のお兄さんだから声をかけただけ」(ある意味 社交辞令)なのに、お兄さんのほうは、自分自身への関心だと勘違いしているんですよ。

それは先ほどの1時間自己紹介した人の話も同じで、「どうぞ話したいことを自由にお話しくださいね」って言葉を、「そうなんだ!みんな私の話を聞きたいんだ!」みたいに勘違いして語り続けてしまうわけですね。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、こういう自己愛が強すぎる「自分の話ばかりする人」って、なんでそんな感じになってしまうのかというと、やっぱり心が傷ついてるからなんですよ。

子供の頃、親やまわりから「ありのままの自分」が認められていると感じられなかった人って、自分の外側に十分な「愛情」や「安心」がないので、自分の内側に「理想化した自分」を作って、その「理想化した自分」を愛することで、自分を支えようとするんですね。だからそういう人って自己愛が強くなるんですって。

(その辺の詳しい話はコチラからどうぞ)

あなたは本当に自分がキライなのか?- 自己愛
自分のことを スキなあなたも あまりスキでないあなたも こんにちは。 ズボンのチャックが開いていたことに気付かず、下北沢にムダなセクシーさを振りまき杉田です。 1週間お疲れさまでした! 自己愛が強い2つの...

 

あ、このブログの過去記事で、「親が自分の期待に応えてくれなかった」と思っている人って、「親が応えてくれなかった期待を、他人に高いレベルで求める」って話をしてると思うんですけど、

(その辺の詳しい話はこの2つの記事をどうぞ)

クレクレな人

仕事で問題が起きる人が、心の奥に持っているクレクレ

自己愛が強すぎる「自分の話ばかりする人」って、大人になっても「お母さん、見て!見て!」って感じなんでしょうね。

だから、自分が関心を持ってもらっているように感じると、張り切り過ぎちゃうんでしょう。で、語りが止まらなくなる。

あ、で、ちょっと話がズレますが、フェイスブックとか見ていると、いかにもビジネス目的っていう投稿をしている人に「いいね」が少ないのはわかるんですけど(笑)、

そうじゃないのに、友達の数に比べていつも極端に「いいね」が少ない投稿をしてる人っているじゃないですか。

私、そういう人って、「お母さん、見て!見て!」感を感じるんですよ。

みなさんもわかりますよね? なんか そういう感し出してる人って。「別にあなたのそんなことまで知りたくないんだけどな」みたいな。

 

スポンサーリンク

 

さ、それでは最後に、小池一夫さんのツイッターの言葉をご紹介して、今回の記事を終えたいと思います。

 

「人は、自分が自分を思うほど、自分のことを思ってはくれない」ということに気付くのが大人になるということ。
幼児性の強い人は、人の興味がそれほど自分にないことが理解できず、自分語りを続ける。相手の噛み殺したため息にさえ気が付かない。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう

タイトルとURLをコピーしました