クレクレな人

人間関係がうまくいかない

人に「与える」ということが、

自然にできるあなたも
あまりできないあなたも

こんにちは。

「角煮を確認」と言いながらつまみ食いし杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

えーと、セラピーをしていて、「親子関係の話」を聴かせていただくと、
親に対して、

「ぜんぜん褒めてくれなかった」
「自分の話を聞いて or わかって or 共感してくれなかった」

「妹には甘かったのに、私には厳しかった」
「いつもああしろ、こうしろと言われた」
「自分に関心を持ってもらえなかった」
「あまり一緒にいてくれなかった」
「頼りなかった」

みたいに、

「親が自分の期待に応えてくれなかった」

という思いを持っている方っていらっしゃるんですね。

で、そういう方ってですね、

「クレクレな人」

になってしまうことがあるんですよ。

「は?クレクレな人ってなに?」ですって。

そ、そうですよね。

ではその意味をご説明させていただきますと、「親が自分の期待に応えてくれなかった」と思っている人って、

「親が応えてくれなかった期待を、他人に「高いレベルで」求める」

んですね。

たとえば、「親がぜんぜん褒めてくれなかった」と思っている人って、他人に、「認めて欲しい」って期待するようになるわけですよ。
(特に「身近な人」や「会社の上司(親的な存在)」に対して)

でも他人に「高いレベルで」期待するということは、その期待に応えられる人は少なくなりますから、しょっちゅう他人に怒ったり、悲しんだり、落ち込むことになるんですよね。

そういうのが、親が期待に応えてくれなかったことを、他人に対して、「クレクレ!」ってしてしまうって意味で、

「クレクレな人」なんです。

あ、で、そういう「クレクレな人」ってすね、どういうことが起こるのかっていうと、

「仕事」という場面で矛盾を感じやすくなるんですよ。

というのは、「仕事」って、様々な仕事がありますけど、根底にあるのは、

「人に与える」ってことですよね。

でも、「クレクレな人」って、「仕事」という「与える」はずの場面でも、
「無意識に」人に対して、

「私のことを認めなさい」
「私のことを一番に考えなさい」
「私に関心を持ちなさい」
「私の面倒をみなさい」
「私が言わなくても察しなさい」

みたいに、

「与える」とは真逆の「クレクレ(奪う)」をしちゃうんですよ。

で、そういう「クレクレ感」って、どんなに隠してもにじみ出てしまうというか、

ほら、例えば、自営業をやっている人のSNSとかブログとか見てても、

「この人は、自分が「すごい」って言ってもらうために、この仕事やってるんじゃないの?」

「この人、自分がカワイイって言ってもらいたいんでしょ?」

「仕事も家庭も全部完璧の「イケてる起業女子」って思われたいんじゃない?」

みたいに思う時ってありませんか?
承認欲求がにじみ出ているというか。

他にも、洋服を売りつけようとする店員さんの接客のように、

「この人、調子の良いことばかり言って、自分だけ儲かればいいと思ってるんじゃないの?」

とかも感じることってありますよね。

そういう「クレクレ感」があるものって、他人は、なんだかわかるんですよ。

そうすると問題になってくるのは、

「人は、与えることを喜びとしている人からサービスを受けたい」
(↑そもそも「人気者」ってそういう人ですよね)

って思いますから、

「クレクレな人」って、人が離れていって、仕事がうまくいかなくなるんですよね。

たとえ一時的にはうまくいっても、長続きしなかったり、

一見うまくいってたとしても、本人が燃え尽きてたり、家庭に問題を抱えたりするんです。

なので、私、セラピーで、時々、

「会社員がイヤなので、何でもいいから起業をしたい。でも、何で起業をしたらいいかわからない」

みたいな話をお聞きすることがあるんですけど、

そういうのって「自分都合」で、喜びを持って人に「与える」というスタンスになっていませんから、

「んー、そういう動機で起業するのが悪いわけじゃないけど、んー」って思うことがあるんですよね。

あ、でもこの「クレクレな人」って、何も自営業の人だけの話ではなくて、会社員の人でも、

「自分が与えてもらうことばかり主張して、働かない人」

っているじゃないですか。いつも文句ばっかり言って。

そういう人も、「クレクレな人」で、雇う側からしたら、「採用したい・抜擢したい」とは思えないですよね。

そうすると、仕事で活躍しづらいわけですよ。

ということで、自営業、会社員問わず、「クレクレな人」は、「仕事」という「与える」というはずの場面で、「無意識に」真逆の「クレクレ」をしてしまうので、うまくいかなくなったりするんですよね。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、そうそう「クレクレな人」って、わかりやすい「クレクレな人」ばかりじゃなくて、

一見、人に「与えている人」のように見える、

「隠れクレクレな人」

もいるんですよ。

というのは、たとえば、「親がぜんぜん褒めてくれなかった」と思っていた人って、

他人に、「自分を認めて欲しい!」って期待しますから、「認めてもらうために無理してガンバル」ので、むしろ積極的に「与えている人」に見えるんですよ。

でもそれって、「自分を認めて欲しい!」という交換条件付きの「与える」で、その人が、純粋に喜びを感じての「与える」とはちょっと違うんですよね。

自分の欲望を満たすための「与える」というか。

なので、そういう人って、一見、たくさん「与えて」いますから、仕事がうまくいっているように見えたりもするんですけど、

実は無理して「与える」をしているから、燃え尽きていたり、

与えても見返りがないと、相手への不満が爆発して、その場から去ることを繰り返していたり、

なんてことが起こったりするんですよ。

あ、それから、そういうのとは別なタイプの「クレクレな人」として、

「依存的な人」

というのも、わかりやすい「クレクレな人」だと思うんです。

「依存的な人」って、自分がやろうとせず、人にやってもらうことを期待するのがデフォルトですから、ぜんぜん「与える」になっていませんよね。

なので、自分が人に「与える」立場になると苦痛に感じたり、どうしていいかわからなくなったりするんですよ。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、ここまでいろいろお話してきましたが、過去記事でもお話したんですけど、

「与える」ことって、本来は「喜び」なんですよね。

(そのことについて書いた記事はコチラからどうぞ)

なんか虚しいあなたへ

でも、冒頭でお話したような、「親が自分の期待に応えてくれなかった」と思っている方って、

「親から十分に与えてもらった」という気がしてないですから、

「もっともっと私に与えて!(クレクレ)」となって、自分が喜びを持って「与える側」にまわれないんですよ。

つまり、「与えるは喜びである」という経験を獲得しそびれているんですね。

なので、私がやっているセラピーでは、親子関係を扱う時は、最終的には、

「親は、人生に必要はことをじゅうぶんに与えてくれた。ありがとう」

ってところを目指してやっていくんです。

そうすると、自分が、義務的にではなく、自然な喜びをもって、「人に与える」ことができるようになるんですよね。

あ、でも私、こんなこと言ってますけど、私自身も、親に対してすごくわだかまりを持っていた人間なので、

「親は、人生に必要はことをじゅうぶんに与えてくれた。ありがとう」

なんて気持ち、昔は一生なれないと思ってたんですよ。(笑)

私の場合、親に、

「ちゃんとして欲しい」
「賢くあって欲しい」

って期待をしていたので、「仕事」という場面では、上司に対して、いつもそういう期待をしちゃってたんですね。

でも、そういう期待って、得てして高すぎますから、上司が私が望むレベルの期待に応えてくれることはなくて、

いつも上司にガッカリしたり、文句ばかり言ったり、

上司を見下したり、自分が出すぎたことをして、上司をないがしろにしたり、

なんてことをしていたと思うんですよ。
いやぁ、ヒドイ部下だったなぁ。(笑)

当時は、「ダメな上司が問題なんだ!」って思ってましたけど、今思うと、どう考えても「私自身の問題」だったと思うんですね。

「オレ、なに勝手に高い期待して、自爆してんだよ」みたいな。

でも、そんな私もセラピーを受けて自分が癒やされていくうちに、親への感謝の気持ちが出てきて、

徐々に「クレクレな人」から抜け出して、ずっと低空飛行だった仕事もうまくいくようになったんですよね。

だから、不安定な自営業をしても、ずっと安定してやってこれているんだと思います。

ということで、仕事において、いや、それだけじゃなくて、人間関係全般でも、「クレクレな人」じゃないことって大切なんですよね。

↓あ、この「クレクレな人」の記事の続きが読みたい方は、コチラへどうぞ。

仕事で問題が起きる人が、心の奥に持っているクレクレ

 

エッ、「そういう自分から抜け出したい」ですって?

では、参考にこの2つの記事をどうぞ。

「100通りの言葉で I LOVE YOU」 その1

「100通りの言葉で I LOVE YOU」 その2

2つの記事を読んでも、「んー・・・」ってなる方は、一人で抜け出すのはなかなか大変なので、セラピーをどうぞ。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(8/1)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(8/20)受付中⬇

 

人間関係がうまくいかない
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました