「自分が決めると現実が変わる」とはどういうことか?

ココロのコラム(雑記)

「自分が決めると現実が変わる」という言葉を聞いて、

ピンとくるあなたも
あまりピンとこないあなたも

こんにちは。

寝ようとした時、BSで再放送している「大改造!!劇的ビフォーアフター」のリフォーム後の音楽がアタマの中でエンドレスに流れ杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

えーと、よく自己啓発的な本や記事を読んでいると、

「自分が決めると現実が変わる」

みたいな話って見かけるじゃないですか。

でもそんなこと聞いても、「決めても変わらなかったんだけど・・・」って思う方もいらっしゃると思うんですね。「意志の強い人限定」の話なのかなって。

では、みなさん、どんなふうに決めたら現実が変わると思いますか?

気合い入れて決めると現実が変わる?
決めたことをみんなに宣言すると現実が変わる?
逆に決めたことを人に言わずに心に秘めると現実が変わる?
決めたことを紙に書くと現実が変わる?

んー、なんかよくわからないですよね。

ということで今回は、「決める」ということがどういうことかよくわかる、すごく良い記事を読んだので、みなさんにご紹介したいと思います。

⬇まずは、心理セラピストの「しのはらさん」の書かれた記事を読んでみてくださいねー!

「決める」ことの大きさと、「決める」だけでは上手くいかないことと

 

あ、読みました? ね、スバラシー記事でしょ?

ということで、今回のブログは、しのはらさんの記事を踏まえて「決める」ということについてお話してみたいと思うんですけど、

その例として私が個人セッション(心理セラピー)でよくお聴きするような、

「今の会社がイヤで、転職活動してA社に内定をもらったけど、A社に入ってもうまくいくかわからないから、本当にA社に行っていいのかずっと迷っている」

という悩みを題材にして「決める」ということについてお話しましょうか。

あ、で、こういうふうに「本当にA社に行っていいのか迷っている」って時って、本人は自分が悩んでいる理由を、

「A社に入ってもうまくいかわからないから」

って思ってるんですけど、本当はそのことで悩んでいるわけじゃないですよ。

こういう時って、

「自分がA社にそこまで行きたくない」って思っていること

に悩んでるんです。

というのは、他の例で考えてみるとわかるんですけど、たとえば結婚する時、自分のパートナーに対して、「この人、頼りないところあるな」とか、どこか引っかかるところがある時は、「この人と結婚してうまくいくのかな?」とか思うけど、

「この人だ!」って思えるパートナーに出会ったら、「うまくいくかわからない」とか悩まずに結婚を決められると思うんですね。本当は「この人、頼りないところあるな」と思うパートナーと結婚しても、「この人だ!」って思えるパートナーと結婚しても、どちらも先のことだから「うまくいくかどうか」はわからないはずなのに。

つまり、本来「うまくいくかどうか?」って「先のこと全て」にくっ付いてくる問題なのに、本人の気持ちが「これだ!(この人だ!)」って思ってしまうと、「うまくいくかどうか問題」がどこかに飛んでしまうんですよ。

もしこの人にとって、A社が「ものすごく入りたい会社」だったら、「A社に入ってもうまくいくかわからない」なんてそんなに悩まないと思うんですね。

なので、この人が「決められない理由」をもっと正確に言語化するなら、

「A社にそこまで行きたくない。A社に入ってうまくいけばいいけど、うまくいかなかったら、「なんであの時、そこまで行きたくないA社に入ってしまったんだ」って後悔するから、A社に入るかどうか迷っている」

ってことではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、ここからが今回の記事で本当にお伝えしたいことなんですけど、私、人の悩みを15年聴いてきてわかったのは、

人は「うまくいかないこと」はイヤだけど、それ以上に「後悔すること」のほうがもっとイヤなんだなって。

なぜなら後悔はずっと引きずるから。だから、とにかく後悔だけは避けたい。

なので、選択する時点で、「自分の選択に納得したい」んですよ。納得して決めたことは、うまくいかなくても、まだ「しょうがない」と思えるけど、納得しないで決めたことは、うまくいかなかった時、「あの時、○○しておけば良かった」って「後悔するネタ」になってしまうから。

ところが人は、自分が選択する時、いつもスパッと納得できるわけじゃないのが、人生の難しいところですよね。

なので、もしあなたが、何かに対してなかなか決められない時は、こんな質問をしてみると良いですよ。

「もしうまくいかなかったとしても、「あの時の選択は良かった」と思えますか?」

この場合だったら、

「もしA社に入って仕事がうまくいかなかったとしても、「転職して良かった」と思えますか?」

って質問になるんですけど、この質問に対して、スパっと「YES!」って言える場合は問題ないわけですけど、迷うケースもあると思うんですね。

でも、たとえば、

「たしかにA社、そこまで行きたい会社ではないけど、今の自分の状況を考えると、これ以上 転職活動できないし、その中で精一杯やった結果だから、仮にうまくいかなくてもしょうがない」

とか思えるなら、A社に行っても大丈夫だと思うんです。後悔しないから。

要は「もしうまくいかなかったとしても、「あの時の選択は良かった」と思えますか?」という質問って、

「その人が後になって「後悔するか/しないか」をチェックする質問」

というだけでなく、

「その人の中から「覚悟」を引き出す質問」

なんですよね。

あ、もちろん覚悟がない人からは「覚悟」は引き出されませんが、「覚悟」がないのがダメって話ではなく、ただその人は「そういう状態なだけ」ってことですからね。

ではここで しのはらさんの記事の言葉を引用します。

 

本当の「決める」とは、

「決める」と一言で言っても
言葉で「◯◯する」と決めただけの「決める」と

「こわいけどやる」と腹から出した「決める」
では大きな違いがあります。

前者の「決める」は
「◯◯だったらいいな」の延長で、叶わない方

後者は「決める」が本当の意味での
決める です。
現実の動く方。

今回、これを書くにあたって、
そこにある違いとは何だろう? と、
この感覚の違いを言葉にできないだろうか?
としばらく考えていたんです。

で、出た答えが、コレでした。

リスクを取ってでも「やる」と思えているか、いないか、ということ。

決断、行動を起こしたことでマイナスなことが起きたとしても、
それも全部ひっくるめて受け入れる気持ちが決まっているか、いないか

ということだったんです。

マイナスが起きませんように!
ではなく、

起きたら起きたでそれも引き受ける
それでもどうにかする

と思えるか思えないか
ということ。

「いいことだけ」を祈る姿勢ではなく、
「悪いこと」も現実として受け入れ、どうにかする。
泣きながらでも、自分は進む

と、そんな、もがく自分を信じられることでもあったのだな、
という結論に達したんです。

そして、それが
「成長する」ということなのだな と。
ってことなんだなと。

 

そこまで行きたいと思えないA社に入ったとしても、

「マイナスが起きませんように!」と願って入った人と、

「マイナスが起きたら起きたでそれも引き受ける。それでもどうにかする」と思って入った人では、

同じ「A社に入る」でも、そこで起きる「現実の受け止め方が違う」んですよ。だから現実が変わる。

「うまくいかないこと」は時に避けられないこともあるけど、覚悟があれば、自分の選択に「後悔すること」は避けられるんですよね。

あ、もう一度 しのはらさんの記事の言葉を引用します。

 

何か違う行動を起こすと、
怖いこと、嫌なことは必ず起こります。

でも、必ず違ういい景色もみえてきます。

その景色は
「いいことだけ」を願っていた頃の
何倍もリアルで素敵なものでした。

『生きている』実感、手応えがそこにはありました。

 

人生を引き受けている人(当事者意識がある人)じゃないと味わえない世界ってあるんだよなぁ。

私はそういうことも含めて「自分が決めると現実が変わる」ってことなんだと思っています。

 

 

さ、というとで最後にまとめますと、どうやら「決める」って、

気合い入れて決める
決めたことをみんなに宣言する
決めたことを人に言わずに心に秘める
決めことを紙に書く

とかで「現実が変わる決める」になるのでははなく、

「マイナスが起きたら起きたでそれも引き受ける。それでもどうにかする」と思えた時、本当に「現実が変わる決める」になるようですよ、

てな話でしたさ。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました