奇策を打つ

うまく話せない

人生が、

うまくいっているあなたも
あまりうまくいっていないあなたも
とことんうまくいっていないあなたも

こんにちは。

家系で「玉ネギ」と思ってドバドバ入れていたものが「刻みショウガ」だと判明しラーメンがスースーし杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

えーと、日々生きていると、なんだか「うまくいかない」ってことありますよね。

ただ、この「うまくいっていない」って、

「あまりうまくいってない」
「とことんうまくいってない」

みたいに、「うまくいってなさ」にも程度があると思うんですよ。

で、私、前から、

「あまり」うまくいってない時と「とことん」うまくってない時では、対処法を変えたほう良いんじゃないか、

と思っていて、

今回、これからみなさんにご紹介する記事を読んだ時、ますます「そうだよね」って思ったんです。

⬇なので、もしよろしければ、まずは、以下の記事読んでみてくださいねー。

「本当の勝者は表玄関から入ったりしない」ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス【寄稿】

 

あ、読まれました?
ね、なかなか良い記事でしょ?

この記事の内容って、「成功するキャリアを積むにはどうしたら良いか」といった、ちょっとイケイケな話だと思うんですけど、私には、

「とことんうまくいっていない状況から逆転を狙う時、どうするか?」

って話としても読めると思ったんです。

なので、ここではそういう話としてお話させていただくと、

たとえば、私、セラピーをしていると、「うまく話せない人」って多く来られるんですね。

「うまく話せないから、仕事が続かない」
「うまく話せないから、パートナーができない」

みたいに悩んでるわけです。

で、そういう時って、多くの人が、その対処法として、

「うまく話せないから、うまく話そうとする」

んですよ。

でも、そういう対処法って「正攻法」かもだけど、実際は、うまく話せない人が、「うまく話そう」と意識したところで、うまく話せないじゃないですか。

焦って、話がぎこちなくなったり、話題を探して、頭が真っ白になったりして。

もちろん、話せない程度の軽い、「あまり話せない人」くらいだったら、「うまく話そう」と意識することで、ある程度話せるようになるかもしれないけど、

「すでに長年うまく話そうと意識してきても、全然話せない」みたいな、「とことん話せない人」だったら、

もうそんな「正攻法」やってる場合じゃないよねって思うんです。

あ、この話を、あえて「わかりづらい例」でたとえるなら(笑)、

私、「信長の野望 天下創世」」っていうゲームがスキなんですけど(笑)、敵勢力が巨大過ぎて、正面から行ったら、こちらに勝ち目のない戦(いくさ)の時って、

バカ正直に正面から攻めていたら、いつまでたっても城は落とせないんですよね。

そういう時って、何度もセーブしながら、合戦中に敵が何人も寝返らせるように調略をかけまくったり、

とにかく鈴木重秀を味方にして、騎馬鉄砲隊を編成させて、城外から城内の敵大将に向けて攻撃を集中させたりして、

「奇策」を打って逆転を狙うんですよ。(笑)
(意味わからなくてスミマセン 笑)

なので、私、

「すでに長年うまく話そうと意識してきても、全然話せない」みたいな、「とことん話せない人」が、

それでも、「うまく話そうとする」と意識し続けるのって、小軍勢で、正面から大軍勢に挑んでいるよう気がするんです。

もうちょっと逆転狙えることしましょうよって。

 

スポンサーリンク

 

あ、なんか「信長の野望」の話をしたら、話がズレてしまったような気もしますが(笑)、

私、冒頭でご紹介したリンク先の記事を読んで思ったのは、

「あまり」うまくいってない時は、「正攻法」が有効
「とことん」うまくいってない時は、「奇策」が有効

じゃないかって思ったんです。

というのも、長年悩んでいたことが解決する時って、本人が、

「エッ、そんなことしていいの?」
「そんなことしちゃダメでしょ!」

みたいに思っていること、

つまり、そのちょっと前の本人にとっての「奇策」をやったりすると、悩みの解決につながることって多いんですよ。

そんな例として、前の記事でお話した、「友達がいない人」は、友達として選ばれようと相手に媚びたり、合わせたりするのではなく、

むしろ「自分から相手を選ぶ」とうまくいく、

なんて話も、

「相手を選ぶなんて恐れ多い」と思っている人には、そういうことするのって、「奇策」だと思うし、

私自身にも「奇策」が功を奏した経験があって、ご存知の通り、私は、20年低空飛行で、「とことん社会に居場所がなかった」わけですけど、

だんだんと、

「会社員になろうと思っても、こんな年齢までなれないんだから、もう仕方ない。
私は、興味のない仕事ができない人間なんだ。
これからは、世間に合わせる努力よりも、「そのままの自分でいることによって起こる問題」を解決する努力をしたい。
もう短所を直さない。自分を変えるのはやめた

と思うに至って、

そのちょっと前の自分にとっては、「エッ、そんなことしていいの?」って思っていた「奇策」を打って、今のようになったんだと思うんです。

もし私がそのまま正攻法で、会社員になろうとしてたら、一生浮かばれなかったと思うんですよ。

あ、この私のケースを先ほどの「正攻法」と「奇策」という言葉を使うなら、

「あまり」うまくいってない時は、「相手や世間に合わせる(正攻法)」が有効
「とことん」うまくいってない時は、「自分を貫く(奇策)」が有効

みたいな感じでしょうか。

なので、「うまく話せない」っていう悩みに関しても、「とことん」話せない人だったら、

むしろ、「うまく話せない」自分を否定しないで、開き直って、

「うまく話せない」ままでもできるコミュニケーションのとり方を考えて実行したほうが(奇策)、かえってうまくいったりするんですよね。

うまく話せなくなって、ちゃんと仕事していたり、パートナーがいる人だって、たくさんいるわけですから。

 

あ、ということで、かなり長くなってしまいましたが、最後にまとめますと、

セラピーをしていると、「とことんうまくいっていない状況」なのに、「正攻法」で何とかしようとしている方って多いんですけど、

「とことんうまくいってない状況」ほど、

「奇策」が有効なことも多いので、

今のあなたが、

「エッ、そんなことしていいの?」
「そんなことしちゃダメでしょ!」

みたいに思っていることをしちゃうと、意外とスルっていけちゃうかもしれませんよ、

てな話でしたとさ。

 

あなたが、「とことんうまくっていない悩み」に対して打てる奇策って、どんなものがありそうですか?

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(8/27)受付中⬇
はじめてこのブログを読むあなたはコチラからどうぞ!⬇
ベスト記事の一覧

 

うまく話せない
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました