人は、自分じゃないものになろうとすると悩む

生きづらい

蕎麦を

よく食べるあなたも
あまり食べないあなたも

こんにちは。

自分で作った蕎麦がぬる杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

あ、今回も、さっそくブログにいきたいと思うのですが、私、日々セラピーをしていますので、

「人はどんな時、悩むのか?」ってこと、よく考えるんですよね。

で、その問いって、正解があるわけじゃないし、いろいろな言葉で表現できると思うんですけど、

昨年くらいから、私の中でしっくりきたのは、

「人は、自分じゃないものになろうとすると悩む」

って言葉なんです。

あ、これ、どういうことかというと、私のことを例にお話しすれば、私、36歳までは、ずっと

「ちゃんとした会社員にならなきゃ!」と思って、どこかの会社に就職して、そこで長く勤めようとしたんですけど、それが全然できなくて、仕事を辞め続けていたんですよね。

でも、ある時、「心理セラピストになりたい!」と思って、そちらに舵を切ったら、

「ちゃんとした会社員にならなきゃ!」と思っていたころと比べたらはるかにガンバってないのに、気がつけば、今のようになってたんですよ。

で、この36歳までの私が、まさに、「自分じゃないものになろうとしている」ってことじゃないかと思うんです。

そういう状態のことを、もっと具体的に言うならば、

あまりにも毎日がつらい、
あまりにも人生がうまくいかない、
あまりにもイヤな人ばかりに囲まれている、

そんな状態が、「あまりにも長く続いている時」って、あなたは、

「自分じゃないものになろうとしている時」

って言えるんじゃないかと思います。

あ、これ、ポイントは、「あまりにも長く続いている時」ってところで、

そりゃ生きていれば、

「つらい」
「うまくいかない」
「イヤな人に囲まれる」

とかはふつうにあることだと思うんですけど、

でもそれが、「あまりにも長く続いている時」って、ちょっとヘンだよねって話です。
私の場合、仕事面では、10年以上そういう状態が続いてましたから。

それって、「魚が陸で生活しようとする」みたいな感じで、「向いてなさ過ぎてムリ!」みたいなことしてようとしている状態なんでしょう。

なので、この「自分じゃないものになる」という話を、私に当てはめて言うならば、

「自分じゃないものになる」・・・会社員になる
「自分になる」・・・フリーランスで働く

なんだと思うし、

「自分じゃないものになる」・・・イヤな仕事をガマンしてやる
「自分になる」・・・スキな仕事をする

ってことなんでしょうね。

 

あ、でも、こういう話をすると、

「私だって、できれば、自分でスキな仕事したいですよ。
杉田さんは、フリーランスで、スキな仕事をして、たまたまうまくいったから、それが、「自分になる」だなんて言えるんでしょ」

なんて思う方もいらっしゃると思うんです。

たしかに、私は、フリーランスで、スキな仕事をしてそれが形になってしてしまった今、そのことを、どうとでも後づけできると思うんですよね。

実際、私が、「心理セラピストになりたい!」と思って1歩踏み出した時だって、「これが自分になる道だ!」なんて思えてなかったですし。

でもですね、今にして振り返ってみると、私が、

「自分じゃないものになる」・・・会社員になる
「自分になる」・・・フリーランスで働く

「自分じゃないものになる」・・・イヤな仕事をガマンしてやる
「自分になる」・・・スキな仕事をする

ってことがわかるエピソードって、やっぱりあるんですよ。
「なんで気づかなかったのかな」って思うような。

ということで、みなさんの参考になるかわかりませんが、以下、杉田が「会社員になる」と「イヤな仕事もガマンしてやる」が、「自分じゃないものになる」だとわかる5つのエピソードです。

 

(1) まわりの人から「会社員に向いていない」と何度も言われた

↑この言葉、本当にたくさんの方から言われたんですよ。

特に決め手になったのは、私の師匠の竹内秀一さんからの言葉で、竹内さん、私と初対面の時から、

「なんで杉田君は、会社員になろうとしているだろう?他に能力を活かす場所があるのに」

と思ったそうです。

私も今、セラピーをしていると、初対面の方でも竹内さんが思ったのと同じように、

「この方、どう考えても会社員に向いていないのに、なんでそっちを目指しているんだろう。だから苦しくなっているんじゃないかな」

なんて思うこともあります。

 

(2)辞めた会社は、辞めたことに一切後悔がない

私、昔、辞めた会社のことを人に言う時、

「今まで辞めた全部の会社、たとえCIA長官に、「辞めるな!」と脅されても辞めていた」

ってよく言ってるんですよ。(笑)

これ、冗談のような本気の話です。

当時イヤになって辞めた会社は、イヤでイヤで仕方なくて、「あと1日すら働けなかった」って思ってます。

 

(3) 渋谷で吐きそうになる

ある日、セラピールームに向かおうと、渋谷の街を歩いていたんですけど、会社の先輩、後輩らしき2人組が、ランチを食べる店を探してたんですね。

で、その光景を見た時、私、急に気持ちが悪くなって本当に吐きそうになったんですよ。(笑)

私には、その後輩らしき人のほうが、すごく居づらそうにしていて、イヤイヤ先輩とランチを食べに行っているように見えたんです。

で、その吐きそうになった直後、私の中に強く湧き上がってきたのは、

「ランチの時間を誰かに決められて、しかも一緒に食べたくない人と食べるなんて、冗談じゃないよ!」

って怒りに満ちた言葉だったんです。(笑)

私、その時はじめて、

「あぁ、こんな先輩とランチ行くなんて、会社員には、ごく当たり前の光景なのに、オレ、こんなにも強くイヤだと思ってたのか・・・」

って気づいたんですよね。

こういう強い気持ちがあることを、私、会社員の時ではなく、フリーで働くようになってから度々気づくようになりました。

 

(4)うまくいった仕事は、全部「出来高制」で、「1人でやる仕事」

私、学校を卒業してから今までに、12個の仕事をしてきたんですけど、

「自分がうまくいった仕事」って3つだけあって、
(心理セラピスト、ツアーガイド、留学費用を貯めた時のバイト)

その全部が、「出来高制」で、「1人でやる仕事」だったんですよ。
逆に、そうじゃない仕事は、全部うまくいってないんです。(笑)

これに気づいた時、自分ではかなり意外だったですよね。

というのは、私のことを知っている方はご存知のように、私、ぜんぜん破天荒なタイプでも、エネルギッシュなタイプでもないし、

慎重というか、あまり変化を好まない堅実な人間なのに、なんで不安定な、「出来高制の仕事」をした時だけうまくいっているのかなって。(笑)

私自身の分析では、

「私が(表面的には)不安定がキライだから、不安定な仕事に就くと、安定させようとする力が強く発揮されるのかな」

なんて思っているんですが。

 

(5) スキな仕事をした時、波に乗った

私が、いざ、フリーランスというか、スキな仕事をはじめたら、
(つまり、心理セラピストとしての活動をはじめたら)

キセキとしか思えない良いことが、いくつも起きたんです。
今まで仕事面では全然そんなことなかったのに。

 

以上が、私が、「振り返って見れば」、

「自分じゃないものになる」・・・会社員になる
「自分になる」・・・フリーランスで働く

「自分じゃないものになる」・・・イヤな仕事をガマンしてやる
「自分になる」・・・スキな仕事をする

ってことだとわかるエピソードです。

こうやってあげてみると、私、会社員として働こうと思うと、本当にポンコツですよね。(笑)

私のこと面接で落とした人事の人、人を見る目あるなぁ。(笑)

それにしても、こんな私なのに、なんであそこまでガンバって会社員になろうとしてたんだろう。

身近にフリーランスで仕事をしている人もいなかったし、スキなことを仕事にしている人もいなかったし、そういった発想できなかったもんなぁ。

 

あ、で、そうそう、私、前に心理学を習った先生がですね、

「人には、

1 イヤなこともガマンしてやったほうが、人生がうまくいタイプ
2 イヤなことをすると、人生がうまくいかなくなるタイプ

がいる」

なんてことを言われていたことがあって、

私、それを聞いた時、妙に納得したんですよ。

というのは、私がいかに会社員にむいていないかってことは、もうお話したと思うんですけど、

私、仕事で、

「自分が良いとも思っていない商品を売る」
「ぜんぜん興味のない商品の知識を増やす」
「人の噂や悪口ばかり言っている同僚と1日過ごす」

みたいな、私が、「自分の内面と行動が一致してないことをしている時」って、大げさですけど、

「自分の魂が死んでしまう」ような気がするんですよ。
「そんなことするなんて、生きてる意味ないじゃん」みたいな。

でも、会社に入ると、そんな青いこと言ってられないというか、

他の人は、そういうことがイヤでも、当たり前のようにやっている(ように見える)ので、

「他の人だってイヤでもガマンしてやっているから、私もやらないと!」と思ってガンバルんですけど、

結局、イヤ杉て力尽きていたんですよね。

でも、私がここまで、「自分の内面と行動が一致してないことをしている」ってことに過剰に苦痛を感じていたのは、

「私が、2 のタイプだから、しょうがなかったんだな」って思ったんですよ。

あ、でも、正直この、

「人には、

1 イヤなこともガマンしてやったほうが、人生がうまくいタイプ
2 イヤなことをすると、人生がうまくいかなくなるタイプ

がいる」だなんて、「いくらでも自分に都合の良く解釈できる話」じゃないですか。(笑)

そもそもどちらのタイプかなんて、本当の意味で分けられるのかも、わからないし。

でも、私自身やまわりの友人、そしてクライアントさんを拝見していると、

「それでも、やっぱりのタイプの人って存在するよな」

って思っちゃうんですよね。

あ、わかりやすい例を言えば、私の師匠の竹内秀一さん、どう考えても、2 のタイプだと思いますもん。(笑)

竹内さんのこと知っている方、この意味わかるでしょ?(笑)
さすが私の師匠!(笑)

それから、「杉田プロディース第2弾」でご紹介した井上ミウさんも2 のタイプだろうなぁ。(笑)

初めてお会いした時から、得体の知れないエネルギーに包まれていて、

「この人、言語化できないけど、なんかスゴイ!絶対、会社とか勤めないほうが良いタイプ」

って、すぐに思ったもんなぁ。

 

あ、でも、ここまでの話で誤解していただきたくないのは、
私は、

「あなたも、フリーランスで働くと幸せになれますよ!」
「あなたも、スキな仕事をすると幸せなれますよ!」

とか言いたいわけじゃないんですからね。

私の場合、たまたま、

「会社員になる」
「イヤな仕事もガマンしてやる」

ってことが、「自分じゃないものになる」ってことで、

「フリーランスで働く」
「スキな仕事をする」

ってことが、たまたま「自分になる」ってことだったって話ですから。

当然のことながら、世の中に、

「会社員になる」
「イヤな仕事もガマンしてやる」

ってことが、「自分になる」って人だっているわけで、

「会社の仕事はイヤだけど、それでも幸せだ」って人なんて、実際、山ほどいると思うんですよ。

でも、私にとっては、

「会社員になる」
「イヤな仕事もガマンしてやる」

って、↓こんな感じなんです。

 

「サラリーマンがイヤだ」と言うと、「オレだってイヤだけどやってるよ!」と言われてしまう。

そんな時、

「いや、オレの「サラリーマンがイヤだ」は、毎日ウン○を食べないといけなくいらいイヤだ、という意味」

と言うと、やっと、「それはイヤだよな」ってわかってもらえる。

「イヤ」というのも差がある。

 

私、このブログで何度もお話していますが、

「やりたい」という言葉には、

「すごいやりたい」
「まあまあやりたい」
「できればやりたい」

みたいに、「やりたいの度合い」があるように、「イヤだ」という言葉も、「度合い」があると思うんです。

他の人にとって、「多少はイヤだ」くらいのことが、その人にとっては、「耐え難いほどイヤだ」ってことってあるんですよね。

なので、「他の人だってイヤでもガマンしてやっているから、私もやらないと!」と思って、

たまたま自分の「イヤ度」がすごく高いことをやってしまったりすると、「自分じゃないものにならないといけなくなる」わけですよね。36歳までの私のように。

あ、そんなことから、私が思うのは、多くの人は、自分の進路の決める時、自分の中にある「やりたい」という気持ちを探そうとしますけど、

実は、こういう「強いイヤだ」という気持ち」というのも、「自分の方向を示してくれる」のではないか、って思うんですよ。

たとえば、2週間前の記事に中にあった、私のエピソード、

「ランチの時間を誰かに決められて、しかも一緒に食べたくない人と食べるなんて、冗談じゃないよ!」

みたいな、「強いイヤだ」というのも、本当は、自分を動かすエネルギーなんだと思うんですね。

「そういうことしなくてもすむ人生、やってやろうじゃないか!」みたいな。

 

さ、ということで、ここまですっかり話が長くなってしまいましたが、最後にお伝えしたことは、

私、今回の記事のタイトルである、「人は、自分じゃないものになろうとすると悩む」ってことを考えていた時にですね、フと、

「あ、私は、ずっと「自分は変った」と思っていたけど、むしろ逆で、「自分は変わっていなかった」んだな」

って思ったんですよ。

あ、これ、どういうことかというと、昔の「ちゃんとした会社員にならなきゃ!」と思って空回りしていた頃の私は、

「私がダメなんだ」
「私に問題があるんだ」
「私が間違っているんだ」
「私がヘンなんだ」

と思って、

「だから、自分のマズイところを変えて、会社員にならないと!」って、ずっと思ってたんですよね。
自分に対して、「短所を直す」的なアプローチをしてきたというか。

でも、だんだんと、

「私はもう、こういう人間なんだからしょうがない。
「自分が良いと思えない商品を売りたくない」とか、
「ぜんぜん興味のない商品の知識を増やすのがヤダ」とか、
「人の噂や悪口ばかり言っている同僚と1日過ごしたくない」とか、
そんなふうに、あれもヤダ、これもヤダって言っていれば、
当然それに伴うリスクや問題も起こってくる。

でも、その「イヤだ!」と思う自分も大切にしたい。

今までは、「みんなもガマンしているから」とか思って、
自分の「イヤ」を大切にしてこなかったから、
人生がおかしくなっていたんだと思う。

これからは、自分の「イヤ」を貫いて、
それによって起こる問題を引き受けよう。

自分の「短所を直す努力」よりも、
「そのままの自分でいることによって起こる問題を解決する努力」をしたい。
(例 不安定なフリーランスの仕事を安定させる努力など)

もう短所を直さない。自分を変えるのはやめた」

そんな思いに至ったんだと思います。

それが、

「あ、私は、ずっと「自分は変った」と思っていたけど、むしろ逆で、「自分は変わっていなかった」んだな」

って思ったってことの意味です。

あ、でもこの話、自分の「短所を直す」的なアプローチがダメだとか、そういうこと言いたいわけじゃないですからね。

私の場合は、たまたま「短所を直す」的なアプローチがうまくいかなかっただけで、そっちをやったほうが、人生がうまくいく人のほうが多いんじゃないかとは思うんですよ。

あ、なので、こういう話が、先ほど心理学を習った先生がお話されていた、

「人には、

1 イヤなこともガマンしてやったほうが、人生がうまくいタイプ
2 イヤなことをすると、人生がうまくいかなくなるタイプ

がいる」

ってことなんじゃないかって思うんですよね。

 

いやいや、それにしても、ここまでいろいろお話してきて思うのは、

「自分じゃないものになろうとしている時」

つまり、

あまりにも毎日がつらい、
あまりにも人生がうまくいかない、
あまりにもイヤな人ばかりに囲まれている、

そんな状態が、「あまりに長く続いている時」

って、

「そっちじゃないよ!」っていう自分からのメッセージを無視している状態

なんでしょうね。

でも、人は、どんなにガンバっても、「本当にイヤなこと、ムリなこと」は、最後は、カラダがおかしくなたり、ウツになったりとかして、強制終了になりますから、

そうなると、人生って、否が応でも、修正がかかって、結局は、「自分になる旅」になってしまうんでしょうね。

どうせそうなるなら、力抜いて進んでいきますか!

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!
受付中のワークショップ・イベント

 

生きづらい
スポンサーリンク
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました