選ばないから選ばれない

人間関係がうまくいかない

友達が、

いるあなたも
あまりいないあなたも

こんにちは。

「ポッキーの日」にポッキーをいただき杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

えーと、私のセラピーには、

「知り合いはいるけど、仲の良い人はいない」
「まわりとは、表面的な付き合いだけ」
「今まで友達と言える人を持ったことがない」

みたいな、「友達がいない」って悩みを言われる方って結構いらっしゃるんですね。

パッと見たところ、ふつうな感じで、全然「友達がいない」なんて見えない方が、意外とそういうこと言われたりするんですよ。

あ、なので、「友だちがいない」って悩んでいる方は、

「こんなこと悩んでいるのは、自分くらいだ」

とか思っているかもしれないですけど、

「全然あなただけじゃないよ」って、ますはお伝えしたいなぁ。

 

あ、で、そんな「友達がいない」って悩んでいる方にいろいろお話をうかがっていくと、

子供時代に、

「親から愛されている気がしなかった」
「親が自分にあまり関心がなかった」
「親が愛してくれるのはわかるけど、なんかズレていた」
「勉強ができないと親に認めてもらえなかった」

みたいなことを、

「本人は」

感じているってことが多いんですよ。

で、そう感じると、その方は、

「自分 = そのままでは愛されない」
「自分 = 嫌われている」

みたいに、

「自分で自分にレッテルと張ってしまうことがある」

んです。

でもやっかいなのは、そうやって、自分で自分に、「自分 = ○○」ってレッテルを張ってしまうと、

人は、「自分が思ったとおりの自分として扱われないと、居心地が悪い」ですから、

「自分 = ○○」であることの「証拠集め」をするようになるんですね。

で、この「自分 = ○○」であることの「証拠集め」をするってどういうことしちゃうのかというと、

あ、その話の前に、「嫌われる勇気」という本の中に、こんな記述があるので、まずはご覧ください。

ユダヤ教の教えに、こんな話があります。
「10人の人がいるとしたら、
そのうち1人はどんなことがあってもあなたを批判する。
あなたを嫌ってくるし、こちらもその人のことを好きになれない。
そして10人のうち2人は、互いにすべてを受け入れ合える親友になれる。
残りの7人はどちらでもない人々だ。」と。

私、この記述を読んだ時、

「10人いたら、
あなたを嫌ってくる「1名」
親友になれる「2名」
そのどちらでもない「7名」
って、そんな単純なもんじゃないでしょ。

人によって、嫌ってくる人の割合が多い人も、逆に親友になれる人の割合が多い人も、いるんじゃないかな」

とは思ったんですけど、その割合は抜きにしても、

どんな人でも、

1 嫌ってくる人
2 親友になれる人
3 そのどちらでもない人

がいるっていうのは、「そうだよね」って思えるんですよね。

なので、「友達がいない」という悩みを持っている人、つまり、

「自分 = そのままでは愛されない」
「自分 = 嫌われている」

って、自分で自分にレッテルを張ってしまっている人って、↓こんなことして生きているんですよ。

(絵がヘタなのはご了承くだされ~)

どんな人でも、

1 嫌ってくる人
2 親友になれる人
3 そのどちらでもない人

がいるのに、あえて、

1 嫌ってくる人

を自分で選んで、ロックオンし続けて、それが自分が生きている世界だと思ってるんですよね。

で、「やっぱり自分は、自分が思った通りの嫌われている人間だ」って確認するっていうか。

こういうことしちゃうのが、自分で自分に、「自分 = ○○」ってレッテルを張ってしまうと、「自分 = ○○」であることの「証拠集め」をするようになるってことなんですね。

 

スポンサーリンク

 

あ、で、ここからが、今回の話のメインなんですけど、「友達がいない」って悩んでいる方にお伝えしたいのは、

「あなたから相手を選んでください」

ってことなんです。

エッ、「ただでさえ友達がいないのに、相手を選んでたら、誰もいなくなっちゃう」ですって?

そ、そう思いますよね?

ところが逆なんですよ。

あ、これ、どういうことかというと、

「人と仲良くなれない」って悩んでいる方って、対人関係に切羽詰まっているから、「できるだけ「みんなから」好かれようとする」

んですよね。
相手に無理に合わせようとしたり、媚びたりして。

でも、そういうことすると、あまり良いことが起きないというか、

ほら、就職活動でなかなか受からない人が、「どこでもいいから入れてください!」みたいな感じで、自分を偽って、相手の会社に媚びると、

あまり相性の良い会社に入れなかったりするじゃないですか。

そんな感じで、相手に無理に合わせようとしたり、媚びたりすると、「自分が薄まって」しまいますから、自分とあまり合わない人を引き寄せやすいんですよね。

私もセラピーで、「友達がいない」って方のお話を聴かせていただくと、

「なんで、この方は、自分のことを大切にしてくれない人ばかり、こんなにまわりにいるんだ?」

「なんで、この方は、そこまでイヤなことされてるのに、まだこの人と付き合おうとするんだ?」

みたいに思うことってホント多いですよ。

なので、人は、

「いつもと同じことをすると、いつもと同じ自分になる」

わけですから、

「できるだけ「みんなから」好かれようとする」をいつまでやっても、うまくいっていない時は、

「自分から相手を選ぶ」ほうにシフトするタイミングなんじゃないかって。

「選ばないから選ばれない」というか。

実際、私も、ある時期から、「自分から相手を選ぶ」ようになってから、劇的にまわりにいる人が変わったし、

私のワークショップとかに参加して、「友達ができた」という方たちも、きっとそういう体験をされたんじゃないかと思うんです。

 

さ、それでは最後に、前の記事でもご紹介した、糸井重里さんのツイッターのつぶやきをもう一度ご紹介して、今回の記事を終えたいと思います。

 

「おれは、あんたが気に入らないんだ」という人に、「気に入ってくださいよ」とか苦労してるひまはない。
「気に入らない」が、すべての前提なんだから、なにをしても無駄だと思ってる。
「気に入らない」とか言わない別の人たちと、やりたいことをやっていくだけで十分だ。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

 

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
ブログ文章講座「10年間 人が集まるブログの書き方」(8/1)受付中⬇
「Cafe LOSER(オンラインお茶会)」(8/20)受付中⬇

 

人間関係がうまくいかない
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました