なんか物足りないあなたへ

虚しい

最近、「なんか物足りない」と

感じるあなたも
感じないあなたも

こんにちは。

旅館の夕食でご飯のおかわりを「軽めに」とお願いしたのに大盛りにされ杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

えーと、今回の記事は、

「私がセラピーを受けて、落ち着いた頃の話」

をしようと思うんですけど、

もうみなさんはご存知の通り、私、昔、20年ほど低空飛行していたことがあったんですが、ある時、セラピーを受けたら、

「今までの自分は何だったんだ!」ってくらい楽になったんですね。

でもですね、そうやって楽になってからしばらくすると、

「なんか物足りない」

って感じることが多くなったんですよ。

その言葉を、もうちょっと正確に言うならば、

「今は悪くない。むしろ、かなり良い。前より全然楽になったし、楽しいこともあるのに、なんか物足りない」

みたいな感じでしょうか。

で、こういう時の私に何が起きていたかって話ですけど、昔の低空飛行していた頃の私って、いつも「自分なんかダメだ!」って思ってましたから、絶えず、

自分の無価値感から目を背けるためのガンバル

「自分じゃいないもの」になるためのガンバル

やりたくないことのための、やりたくないことをするガンバル

みたいなことをして、

「自分の欠乏感を埋めようとしていた」

んですね。

で、こういう「自分の欠乏感を埋めようとするガンバリ」って、「ああなってしまったら、自分は終わりだ!」くらいの勢いでやってるので、実はものすごいエネルギー使っているんですよ。

でも、セラピーを受けて、「そういうガンバリしなくてイイんだな」ってことが腑に落ちると、「それをしない分の力が余る」わけですよね。

すると、自分を突き動かすものがなくなったような気がして、「アレ?」ってなるんです。

そういう状態のことを、当時の私は、「なんか物足りない」って表現してたんだと思うんですね。

 

で、そうなるとですよ、そういった「なんか物足りないって時に、どうすればいいか?」ってことになると思うんですけど、

そういう時、意識的に何かするとしたら、

「自分が興味のある人に会う、場所に行く」

ってことをするのがイイんと思うんです。

あ、私、最近いろいろ考えているうちに、この、

「自分が興味のある人に会う、場所に行く」って、「最強の行動」じゃないか

って思ってるんですよ。

というのは、あなたが、自分が「変わったな」と思った時って、その「始まり」をたどっていくと、それを意識的にしたか、しないかは別にして、

「新しい人に会った」
「新たな場所に行った」

ってことが「キッカケ」になってませんか?

だったら、「なんか物足りない」って時って、まさに「変化」が必要な時ですから、「自分が興味のある人に会う、場所に行く」ってことってドンピシャな行動だと思うんです。

 

あ、でも実際に、人に会うのって緊張したり、その場所に行くのってメンドクサかったりもして、ちょっと「ガンバらない」とできなかったりするじゃないですか。

でも、そういう「ガンバリ」って、

「毎日ジョギングする」とか、
「毎日資格の勉強する」みたいな、

「継続的なガンバル」とは違って、

人に会う瞬間だけ、その場所に行く瞬間だけ、「よっこいしょ!」ってやる、

「瞬間的なガンバル」

ですよね。

で、そうやって、一瞬だけ「よっこいしょ!」って「瞬間的なガンバル」をやって、いったん人に会ったり、場所に行ってしまえば、

あなたは、その場に巻き込まれますから、うまくいけば流れに乗って、勝手に変化していってしまうわけですよ。

そう考えると、「自分が興味のある人に会う、場所に行く」って

「小さな力で大きなものを得られる、お得なガンバル」

だと思うんですね。

だから、私は、「最強の行動」だと思ってるんです。

エッ、

「でも、「自分が興味のある人に会う、場所に行く」ってことを何度もやっても、なかなか変化に結びつくものに出会えないと、ヤル気が失せる」ですって?

わ、わかります。

人は、「成長して、ステージが変わる時」、「なんか物足りない」って感じますから、

私、今でも4年に一度くらいの頻度で、「なんか物足りない」って感じることがあるんですよ。

で、「自分が興味のある人に会う、場所に行く」ってことをするんですけど、なかなか変化に結びつくものに出会えない時もあるんですね。

でも、そういう時、私は、

「あ、今は、ドラクエで言えば、次にどうしていいかわからなくて、いろいろな村人に話しかけたり、いろいろな場所をウロウロしたりして、「健全にあがく」時期なんだな」

って思って、淡々と「自分が興味のある人に会う、場所に行く」ってことをするようにしています。

ドラクエで、話しかけでも良い情報をくれない村人に対して、いちいちガッカリしていたら、やってられないじゃないですか。(笑)

で、そうやって淡々と「自分が興味のある人に会う、場所に行く」をしているうちに、ナニカがキッカケになって、いつの間にか「なんか物足りない」から抜け出してるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

あ、ということで、ここまで長々とお話してきましたけど、私、今回、なんでこんな記事を書いたかと言うと、

「なんか物足りないって時に、行動しない人が多い」

んですよ。

で、ずっと「いつもと同じこと」をして、長年「なんか物足りない」って悩んでいる。

あ、もちろん、人は、悩みや問題に対して、全部が全部、行動を変えられるわけじゃないのは、わかってますよ。

たとえば、「人と話せない」という方が、「よし!今日こそ自分から話しかけるぞ!」と気合いを入れても、その場では真っ白になってしまって、何も話せなくなる、

なんてことがあるように、

「ガンバってもできないこと」ってあるじゃないですか。

でも、

悩みや問題の解決に、自分ができる行動もあるのに、それすらしないから、いつまでも悩んでいる

ってこともあるんですよ。

あ、私、「なんか物足りない」って時に動かないのって、たとえて言うなら、

「中学生なのに、公園の砂場で遊んでいるようなもの」だと思うんです。

そりゃ、「なんか物足りない」ってなるでしょって。(笑)

今の自分に合った遊び場を探しに行かないと。

大人になると、小学校 → 中学校 → 高校 みたいに、自動的に環境が切り替わってくれませんから、

時に、自分から新たな場所を探しに行くことも必要だったりするんですよー。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

あ、あなたのような方が興味を持ってくださるなんて!⬇
オンラインCafe LOSER(お茶会)(2/26)受付中⬇
はじめてこのブログを読むあなたはコチラからどうぞ!⬇
ベスト記事の一覧

 

虚しい
\ 記事をシェアしてくださるなんて /
スポンサーリンク
正しいネガティブのススメ
タイトルとURLをコピーしました