大人になってからグレる人

ココロのコラム(雑記)

大人になってから、グレたことが

あるあなたも
ないあなたも

こんにちは。

妻が居間のソファーで眠そうにしてたので、「そんなに眠いなら寝なよ」って言うと、「夜 寝れなくなるから寝ない」って言ってるけど、しばらくして見ると、どう見ても寝てたので、「寝てるよ(笑)」って言うと、朦朧としながら「寝てないよ。目つぶって寝る手前でガマンしてるだけだよ・・・」と「酔っ払ってないよ」と言う酔っ払いみたいなことを言うので、私が「ちゃんとベッドで寝たら?」って言うと、ベッドに移ってガッツリ昼寝をし、起きると「罠にはめられて寝かされた!」と騒ぎ出すという謎のルーティーンを 妻は結婚以来300回くらい繰り返し杉田です。

1週間お疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

 

えー、どうでしょう? みなさんは大人になってから、グレたことってありますか?

あ、そんなこと、いきなり言われても困りますよね。(笑) あ、もちろん、この「グレた」って、「グレタ・トゥーンベリさんみたいになる」って意味じゃないですからね。(笑)

なので、まずはじめに、この記事での「グレた」の意味を定義させていただくと、

大人になってから暴れるとか、反社会的な行動をするとかいう意味ではなくて(笑)、

「学生時代は、わりとふつうにやっていたり、むしろ優等生だったりしたのに、大人(社会人)になってから、仕事を辞めまくるとか、引きこもったりするなど、ちょっぴり人生の王道から外れること」

を、ここでは「グレた」として話を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ではさっそくいきますが、この「大人になってからグレる人」ってですね、

「子供の頃、親の心の面倒を見ていた人」が多いんですよ。

あ、この「子供の頃、親の心の面倒を見ていた人」って、たとえば、

子供の頃、両親の仲が悪くて、その仲裁をしようとしたり、
父親のグチを言う母親の話を聴いていたりとか、
親がちゃんとしていないように見えてフォローしていたりとか、

本来ならは、子供って親から心の面倒を見てもらう立場なのに、自分が親の面倒を見るほうに回っちゃった人のことを指します。

で、私、個人セッション(心理セラピー)をしていると、そういう人って、大人になってから、起きやすい問題ってあるなと思ったので、以下それを箇条書きにしますね。

 

スポンサーリンク

「子供の頃、親の心の面倒を見ていた人」に起きやすい問題

1 仕事を転々とする

「子供の頃、親の心の面倒を見ていた人」って、子供の頃から、まわりの人の気持ちに敏感ですから、学生時代から人に気を使って大変なんですけど、社会に出てからは、人との利害関係が増えるので、もっともっと人に気を使って、日々グッタリしちゃうんですよ。

なので、会社で働くことが負担になり過ぎて、よく会社を辞めちゃうので、仕事を転々としている方をお見かけするんです。(これがまさに「大人になってからグレる」)

で、そういう方って、学生時代は、わりとふつうにやっていたり、むしろ優等生だったりするので、その分、仕事を転々とする自分がよけい許せないんですよね。で「なんで自分はこうなっちゃったんだろう?」って思ってるんですよ。

 

2 心の奥で「自分の面倒を見て欲しい」という気持ちがすごく強い

「子供の頃、親の心の面倒を見ていた人」って、文字通り、自分が親の心の面倒を見てきたから、心の奥で「(親的な立場になる)上司や先輩から面倒を見て欲しい!」っていう期待が高いんですよ。「自分はやってきたんだから、他の人もやってくれるよね?」って。

なので、そういう方って、上司や先輩から、「仕事を手取り足取り教えてもらいたい」とかって期待しているんですけど、そうしてもらえないと、すぐ「放置されている!」って思いやすいんですよ。

でも「仕事を手取り足取り教えてもらいたい」と思っている人って、企業の立場からすると、採用したくないんですよね。受け身だから。もっと主体性のある人を採用したいのが本音なわけで。

なので、そういう部分が見透かされて、会社の面接に受からなかったり、社内でも「自分から仕事を覚える」という意識が薄く、パフォーマンスが低かったりするんですよね。なので、「学生時代はふつうにやれてたのに、なんで仕事ができないんだろう?」とか思っていたりするんです。

 

3 無力感を持っている

子供の頃、ずっと両親の仲が悪かったり、両親が離婚してしまった家庭に育った人たちって、中には心の奥で、

「自分がもうちょっとガンバっていたら、両親を仲良くさせられた」
「自分に力があったら、両親は離婚しなかったのに」

みたいに思っていることがあるんですよ。

で、そう思っている方って、結果、

「自分は無力だ」

って思い込んでしまうことがあるんです。

で、こんなふうに「自分=無力」って思ってしまうと、変な話ですけど、その人は「自分で自分が無力であることを証明しようとする」んですよね。

(その意味がわからない方はコチラの記事をどうぞ)

「ダメ人間」だと安心できる
自分のことを「ダメ人間」だと つい思っちゃうあなたも あまり思わないあなたも こんにちは。 ヒカリエに行ったけどヒカリのような早さで出杉田です。 1週間お疲れさまでした! 私、先日ツイ...

でもこれだけはハッキリお伝えしたいのは、子供って、親の離婚を止めたり、親の仲を取り持つことはできないですからね。

「いや、自分は子供の頃、親の仲を取り持った。自分は役に立ってたはずだ」と思っている方もいらっしゃるかもしれないですけど、実際は、そういう両親だったら、子供の頃のあなたが仲を取り持とうとしなくても、大丈夫だったはずなんですよ。

んー、でもこの辺の話は、アタマでわかっているだけではダメで、腑に落ちないといけないんですけど。

あ、でもこの「自分は無力なんだ」って心の奥で思っているって、本当にやっかいで、

無意識に「自分は無力だ」と感じるような状況を作ったり、
無意識に「自分は無力だ」と感じるような人と付き合ったり、
無意識にうまくいっていることをダメにしたり、

とか、いろいろやらかすので、人生が何かと大変になるんですよ。

でもこういう「自分=無力」のような自己認識に関わる悩みは、自分だけだとなかなか変えるのが難しい部分なので、しんどい方は、個人セッション(心理セラピー)で軽減するお手伝いできますからね。

 

スポンサーリンク

 

さ、ということで最後にまとめますと、

「大人になってからグレる人」って、「子供の頃、親の心の面倒を見ていた人」ってことが多くて、

1 仕事を転々とする
2 心の奥で「自分の面倒を見て欲しい」という気持ちがすごく強い
3 無力感を持っている

みたいな傾向がありますよ

てな話でしたとさ。

いやぁ、まさにこれって、ドラマ「鈴木先生」

「一見普通に見える生徒達ほど、心の中には鬱屈したものを抱えている」

って話だよなぁ。

 

それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました